• Yutaka NAGANO

【216】だめ出しは不要!


おはようございます。


「素敵な商品、橋渡しします!」


NACKコンサルト代表の永野と申します。


いつもご来訪いただきまして、

誠にありがとうございます。



今日は

「だめ出し不要」論に

ついてです。


皆さま、

ご自身に

だめ出しされたこと

ありますでしょうか?


かく言う筆者も、

10年以上前までは、

だめ出しなど

当たり前でした。


それこそ一日に

何回だめ出ししたか、

わからない

くらいでした苦笑。


そのだめ出しに

よって、

一般的に見て、

筆者は下り坂 一直線の人生を

たどったと

はっきり断言できます笑。


これまでも

何度か、

【言葉が大切】という

お話をしたかも

しれません。


日本では 言葉には霊が宿っていると

言いますね。

よく【言霊(ことだま)】などと

言ったりします。


かの聖書においても 『はじめに言葉があった』という

記述が

あまりにも有名ですが、


それだけ

人にとっては

言葉のもつ意味は

とても計り知れないと

いうことが

できるのでは

ないでしょうか。


また言葉は、

よくブーメランにも 

喩えられたりもしますね。


自ら発した言葉は、

必ず自らに帰ってくる、

というものです。


筆者は実際に これまでの人生の中で、

はっきり経験してきました。


何かに取り組んでいて、

うまくいかなかった

ミスが続いてしまった

問題が発生してしまったと

言われるような出来事は

どうしても

起きてしまいます。


人が不完全な 存在である限り、

それは不可避なことです。


しかしそこで、

ご自身にだめ出しする、


【何故私はこんなに

ダメ人間なんだろう】と


いとも簡単に決めつけてしまうのは

どうなのだろうかと、

筆者はいつも思います。


筆者も昔は よく自らにだめ出しし、

【自身はどうしようもない奴だ】と

決めつけましたものです。


今はそれはありません。

人が不完全な存在であると言う

前提がある以上、

どうしようもないことです。


しかも、

そう言った負の感情ほど、

先々引きずりやすい点が

人にはどうしてもあるようです。


どうしても

ため息が出てしまい、

失敗のことばかりが

脳裏を駆け巡り、

益々陰々滅々に

なっていきますね。


そこでいかに

負の感情から

遠ざかることができるか

と言うことが、

ひとつのポイントに

なってくると思います。


だめ出しを

する代わりに、

今日も素敵な

学びが得られる

良い機会になって

とてもラッキーだった、

ありがたい、実りある

素敵な一日になったと


考える方が、

よほどプラスになると

思う訳です。


負の感情(マイナス)に

打ち消しの言葉(マイナス)を

掛け合わせると

肯定的な(プラスの)意味合いに

なりますね。


例えばいっそのこと、

身の回りで

起こっていることは、

全てが【善】であると

考える方法もあります。


そんなこと

できるわけねーだろがと

おっしゃる方も きっとおられることでしょう。


しかし

筆者は常に

【全てが善】と

いつも思う努力を

しています。


不完全な

存在であると言うことは

善悪の判断は

本来はしえない

存在でもあるのではと

思います。


Aさんからみて、

善だと思った行いが、

Bさんから見れば

悪い行いに映るかもしれませんよね。


それは人によって

善悪の判断基準が

異なるからです。


そう言う

善悪の判断基準の

違いに対して

腹を立てても

意味はありませんと言うのが

筆者の持論です。


腹を立てた時に

発する言葉ほど、

自らを傷つけるものは

ありません。


自らの発する言葉で、

自らの尊厳に

ダメージを与えてしまう

ことなど、

本当にもったいない

ことですし、

しかも怒りは、

自身のもつ

エネルギーも

著しく消耗します。


消耗は

疲労につながり、

さらに意欲を失い、

負のスパイラルに

陥ります。


自らに だめ出しをせず、

自らの存在を 素晴らしいと考え、

常に「自己を肯定」してみたい

ところですね。


筆者は

自己の経験に基づいて

ここにその

経験談を書いている

だけですので、


これをお読みになって、

実際に取り組まれるか否かは、

ご自身の責任において お願いいたします。


もともとマイナスな

口癖の多い方が

変わっていくのは、

並大抵のことでは

ないように思いますが、


いくら顔晴っても

ちっとも変わらない、

だめ出しの人生から

抜け出せないと言うことは

ありません。


これは筆者が語っているのではなく

こう言ったことに関する

書物は、

嫌というほど出ています。


大丈夫、

心配は要りません。

人は変えられます。

40年以上ネガティブで

通してきた 筆者が

こういう感じに 変わっているのです。


皆様はもっと

変えられます。

明るく人生が変わっていくことで、

美にも健康にも

好影響が及びます。


人生は 学びのタネに

溢れてる。

本日もお読みくださり、

誠に有難うございます。


お時間を取ってくださいましたことを

心より感謝申し上げます。


今日も素敵な一日に。


永野 拝


「豊かな美と健康のために」


(注:押しつけがましい表現があるようでしたら申し訳ございません)


25 views

© 2017-2020 NACK & Co.  All Rights Reserved