• Yutaka NAGANO

【274】楽しい頼まれごと


おはようございます。


「素敵な商品、橋渡しします!」


NACKコンサルト代表の永野と申します。


いつもご来訪いただきまして、

誠にありがとうございます。


少し前の

お話ですが、


とある冊子を

読んでいたときに、


こんな一文が

視線に入りました。


『面倒くさいと思ったときに

貧乏神が来ます。』

『楽しいと思ったときに

福の神が来ます。』


ご自身のお仕事などが

立て込んでいる時など、


そうでなくても

なかなか時間が

取れないといった

状況の時に、

何か新たな

タスクが舞い込んだ時、


『面倒くさい!』と

思われたことは

ないでしょうか。


十数年前の

筆者なら

当たり前のように

あることででしたね苦笑。


とにかく

目の前のことに

追われていることの

お話、


職場で、

あれを頼む

これをやってほしいとか

いろいろ言われると、


あーめんどくさと


頭に血が昇り、

なんでこっちに

仕事待ってくんの?

他にも手の空いている人、

いるでしょ?と、


よく大声出したものです苦笑。


今となっては

当時の職場の方には

随分ご迷惑様でした。

本当に申し訳ございません。


しかし

何故か今となっては、

いろいろとお仕事の

話をいただきますと、


結構立て込んでいたとしても、

「ハイ喜んで!」と


二つ返事で

オッケーしたりすることも

あるのです。


昨年末の話ですが、

知人のG君から

一本の電話が

入りました。


「永野さん、お願いが、

おねがいがあるのですぅ!」


何かと思って聞いてみますと、

「次の確定申告、

ピンチなんです。

助けてもらえませんか?」


今でこそ

経理の仕事は

自分の事業に限って

やっているのですが、


キャリアとしては

経理の方が

結構長いもので、

割とあっさり

引き受けてしまいました。


一月の終わりに

G君宅で、

5時間ほどかけて、

一年分の

仕訳の登録を

全部入れて、

取り敢えず

決算書が作れる

手前までの処理までは

終えました。


G君は

筆者が仕訳の入力をするのを

脇で見ながら、

「神だ、神業だ・・・」と

何度も何度も

噛んで含めるように

言ってました。


その後G君に

夕飯おごってもらい、

「次の年から、四半期に一度

一万円で(仕訳を)お願いできませんか?」


と言われる始末(苦笑)。


ボリューム的に言って

四半期に一度なら、

1-2時間で済む話だと

思いましたし、

仕訳の仕組みも

今回作ってしまったので、

おそらく時給5,000円以上に

なることでしょう(笑)。


こういう頼まれごとは

楽しいと言うほかないですね。

日雇い派遣で現場に行って、

時給1500円が精々ひとつの

壁だと思います。


しかもクラウドなどで

つながれば、

移動時間も無いカタチで

動けますから、

益々経済的ですね。


以前副業でお世話になっていた

会社では、


「永野さん、コード書けるんだって?」

(注:プログラミングできるんだって?の意)


何が始まったのかと思いますと、

「○○用の集計システム、

作れないかなぁ、

手集計で困ってるんだけど・・・」


お困り時は

稼ぎ時というわけではないのですが、

たまたま知っている言語での

プログラム作成だったので、

わかりましたとひとこと言って

引き受けました。


本来は別の仕事で

手一杯だったのにですよ(苦笑)。


睡眠時間削って

なんかコツコツやった記憶があります。


2週間くらいで

組み上げて納品したら、

やはり

「神だ、神業だ・・・」と

言われる始末。


経験があるって、

本当に素敵だなぁと

思いますネ。


今回のタスクはどちらも、

いやいや引き受けたわけではなく、

どちらか言いますと

「気楽に」引き受けました。

なんとかなるだろうという

ポジティブな心持ちで。


それが結構

良い方に作用したのだと思います。

なんだかんだ言って

制限時間内に

終わったりしましたから。



それでさらに追加の報酬が

いただけるのであれば、

それに越したことはないわけです。


学んでいるときや、

なかなか成果が出てこないときは

どうしても悶々とするんですが、

なんとかかんとか完成したときは

引き受けて楽しかったと

思えるのは

有り難いことです。


それがお金に

ならなかったとしても、

「自分の経験が活きたんだな」と

思える瞬間って、

感謝の気持ちで

いっぱいになるのだと

思えます。


日々働くことの

楽しさを実感しながら

日々生かしていただけることに

感謝あるのみです。

「楽しく」+「働く」=「福が舞い込む」という

方程式が

人生にはちゃんと

あるのだと

筆者は思えてなりません。


だからが故に

ワーカホリックになるのですが(苦笑)。

たぶん、「先憂後楽」が

筆者の人生訓なのかもしれません。


本日もお読みいただき、

誠に有難うございます。


お時間を取ってくださいましたことを

心より感謝申し上げます。


今日も素敵な一日に。


永野 拝


「豊かな美と健康のために」


42 views

© 2017-2020 NACK & Co.  All Rights Reserved