• Yutaka NAGANO

【283】ショートカットの是非

おはようございます。


「素敵な商品、橋渡しします!」


NACKコンサルト代表の永野と申します。


いつもご来訪いただきまして、

誠にありがとうございます。


ショートカットという

言葉を聞かれた方、

少ないことと思います。


ネットではよく

出てくる言葉ですね。


最短距離とか、

近道とか訳したりします。


office系のソフト、

エクセルとか

ワードとか

パワポとかを

仕事で使っているときなども、

Ctrl キーを押しながら、

Fn キーを押しながら、などの

ショートカットは

結構便利に使えたりしますね。












変にマウスに依存するより、

ショートカットキーで

大概のことが

できてしまうことも

あったりします。


そうしたなかで、

「ずいぶんショートカットだらけに

なったなぁ」と思えるような

ことも、

少なくないように思います。


人生における

ショートカットとは、

様々な方法論、

ハウツーものが

それに該当したりします。

ネットにはハウツーが

無数に存在するように

思います。


とある

ハウツーがあると、

それに対抗するかのように

別のハウツーがある・・・、

それの繰り返しのような、

循環のようなもので

世の中が

成り立っているのでは

ないかと思うような

こともあったりします。













「〇〇で勝ち組になる方法」

「人生の成功法則」

「このやり方なら負けなし」


どれもたぶん、

正しい方法なのだと思います。

それを否定するわけでは

ありません。


筆者も正直言って、

様々な「〇〇で成功する方法」を

いろいろかじりました(苦笑)。


おそらく覚えているだけで、

400-500万は投資したことと

思います。


「成功法則」も結局は

それ自体が

ビジネス化していますから、

とにかくその

中に「儲け」のからくりが

たくさんあって、

結局その

「法則」とやらで、

大きく稼いだのは、

その「法則」の

主宰者だけだったという話も

枚挙に暇がありません。


「〇〇の成功法則」に

投資して、

成功しちゃったと

思い込んでそれで

終わりになるケースなど、

筆者自身や、

筆者の周り等で

結構見てきました。


具体名をここで

挙げることは

一切いたしませんが、


成功法則のはずが、

結局身ぐるみはがされて

一文無しに近い状態に

なってしまったとか、


成功法則を学ぶために

200万も払って、

手にしたのは

たかが数ページの

レジメみたいなものだけ

だったとか、

「ほぼ詐欺」認定しても

おかしくないものも

決して少なくないのではと

思います。


筆者も

数百万投資して、

特にそれに見合った結果を

得たわけではありません。


おそらく成功の基準を

「経済的な」「金銭的な」という点に

最重点においているのが

普通だと思いますが、


それも一理あるとは

筆者も思います。

ただ筆者はそういった

目の前の利益そのものに

重点を置く生き方が

合っていないと

特にここ1-2年で

思うようになりました。


自分に合わない「成功法則」には

投資する意味はありません。

巷間特にネット上でにぎやかな

「成功法則」(を教える塾)については

一定の距離を置くようになりました。


筆者も

行動は早いほうですので、

「いいな」と

思えるような素材のものが

あるとすれば、

それに人生を賭けていくことには

なると思います。


ひとつ得られた結論は、

本来の成功法則とは、

成功するために

「いかに続けるか」という法則であって、

「いかに成功するか」という法則ではない、

ということでした。


それが

経済的な成功法則かと

言われますと、

どうなのか上手く説明が

できないかもしれませんが、

今、

自身にとって

「続けられる成功法則」とは、

ポジティブにふるまい、

明るい表情を絶やさず、

変にハウツーに

踊らされない、

ということです。


小手先だけの

「〇〇のやり方」を

実践したとしても、

その上位概念としての

「成功する、成功できる」という

マインドが存在する必要が

あると思います。


「成功している」という

イメージング、

「成功以外ありえない」という

意識づけ・・・。

そしてすべてのことに

「感謝する」。


意識づけだけなら、

あるいは

感謝の言葉を述べるのに

お金は一切かかりません(笑)。


成功のショートカットを

ものの数か月で得たとして、

「人生はプラスマイナスゼロ」と

考えれば、

またどこかでその反動はやってくるわけです。


シンガーソングライターとして

成功しながら、

気が付いたら

クスリ漬けで2度

逮捕された人もいれば、


19歳まで極貧の身でありながら、

努力を続けて

野球界で大きな成功を

勝ち得た方も

いらっしゃいます。


「成功法則」という名の

ショートカットによって、

短期的に成功しても

結局元の木阿弥になるのではなく、


苦労に苦労を重ねる

人生が続いたのち、

なんらか人生が変わってくるということも

あり得るわけであり、

筆者はきっと

これまでがそういう

人生でしたので、

筆者にとっての

ショートカットは

おそらく存在しない、

それが最近得られた結論です。


本日もお読みいただき、

誠に有難うございます。


お時間を取ってくださいましたことを

心より感謝申し上げます。


今日も素敵な一日に。


永野 拝


「豊かな美と健康のために」

32 views

© 2017-2020 NACK & Co.  All Rights Reserved