• Yutaka NAGANO

【29】美しい着座はホレボレする

NACKコンサルト代表の永野と申します。


いつもご来訪いただきまして、誠にありがとうございます。


筆者は特定の事務所を構えず、色々な所に出かけます。

現住所は川崎市(神奈川県)ですが、寝るとき以外はまずそこにはおりません(笑)。


海外のお客様が羽田や成田でトランジットすることになったといえば喜んで行きますし、自らお客様のオフィスまで赴きます。


都内ですと、安価で便利なコワーキングスペースもたくさんできていますので、そういったところで仕事をします。


ですので、一日に占める移動時間が結構長かったりします。


その移動時間中、もちろん仕事することもありますが、結構人間ウォッチングをすることもあります(あくまでちらちら見る程度ですよ苦笑)。


通勤時間帯ピークを抜けつつある時間帯が一番ウォッチングに適していると思っていますが、


全般的な傾向としては女性のほうが姿勢や歩き方に注意されている傾向が強いですね。

見られているという意識が強く働いているように思います。


車内で着座している乗客の方々を見ると、男性の座り方はどちらかいうとラフな印象があります。

背筋がシャンと伸びた形で座っておられる男性を見出すことは少ないです。


もちろんラフに座っていただいても、さまざまな事情がおありかと思いますので、それ自体をどうこう申し上げるわけではありません。


ただスマホがこれだけ普及し(筆者も使ってますが)、電車内の一つのロングシートに座っておられる乗客の方々が皆下を向いて猫背にしてスマホを見ているというシーンは、少し異様にも感じたりします。


そういう中で、特にキチンとスーツをお召しの女性の方々が、猫背にもならずシャンとしたお姿で座席に腰掛けておられる光景は本当に素敵に見えます。


その上に書類やPCを開けて仕事をされる光景にはホレボレしますね。


仕事が出来る(女性の)方は、やはり普段から自然に、ご自身の姿勢や所作をセルフチェックされておられる方が多いように思います。


見られているという意識が高く、「自らの眼で見ても、周りから見ても美しくありたい」というオーラが出ています。

そういった方々のお姿を目にすると、すごくしあわせに感じたりしますね。


勿論日々「生かされている」ことへの感謝があってこそです。


今日もどこかで「着座ウォッチング」している筆者がいるかもしれません(笑)。


本日もお読みくださり、誠に有難うございます。


お時間を取ってくださいましたことを心より感謝申し上げます。


今日も素敵な一日に。


永野 拝


7 views

© 2017-2020 NACK & Co.  All Rights Reserved