• Yutaka NAGANO

【33】昨日、54歳になりました

NACKコンサルト代表の永野と申します。

いつもご来訪いただきまして、誠にありがとうございます。


本日は少し予定を変えまして、自身のことを書かせていただきます。


昨日、2019年06月16日、タイトルにもありますとおり、

満54歳になりました。


この日を無事迎えられましたことを心より感謝申し上げます。


筆者は昔から年齢と顔つきに時間同期性がないため、

学生時代は30代後半に見られ、

最近でも40代半ばくらいにしか見られません(笑)。

従っていつまでも「若造」顔をしております(笑)。


今度54歳になりますという話をすると大概の方に「は?」と驚かれました(苦笑)。



生まれたのは、前回の東京五輪の翌年、1965年のことです。

昔、人間の寿命は50余年というのが一般的でしたが、

最早今の寿命は80年以上、

そしてまもなく100-120年時代を迎えようとしています。

120年と考えると、まだまだ半分にも達していませんね(笑)。


還暦までは間もなく第4コーナ手前まで来た感はありますが(苦笑)。


正直今の業界に就くまでは、自分の人生の先(今)があまり見通せなかったとは思います。

ベンチャー企業でITや管理系(財務や経営企画)の仕事が多かったもので、

これまで31年の社会人生活の中で、

化粧品関係の仕事に就いたのは僅か7年前のことです。


でもすごく人生が変わりました。


よく「人生には登り坂、下り坂、そして『まさか』という3つの坂がある」と言われますが、


私の持論は「人生には急峻な登り坂と緩やかな登り坂の2つしかない」と考えます。

要は人生は経験値の積み上がり方という考え方で、

いかなる経験も「経験値が下がる」ことはない、というのが根底にあります。


そう考えるようになってから、全く人生が変わりました。

「化粧品?なにそれ、おいしいの?」と昔思っていたくらい

化粧品とは対極の位置で仕事をしていた当人が、

いま化粧品の仕事をしているのです。

おかしいですよね(笑)。


それくらい人生が変わったということです。

だからいつも私は「急峻な登り坂」を登っていたいと思い続けています。

緩やかな坂、平坦な道はつまらないです(笑)。


経験値は「絶対値」であり、マイナスは存在しません。

だから楽しいと思えます。

何をやってもプラスになりますから。


下り坂や「まさか」に遭遇すまいとして保守的になるより、

人生は一度きりしかないので、

できることを思う存分やってみたいですね(犯罪行為はアウトですが)。

おかげさまで素敵な「ご縁」も国内だけでなく、海外にも拡がっています。


「お楽しみはこれからだ」というのが今の心境です。

本日もお読みくださり、誠に有難うございます。

明日は昨日の続きを書いて参ります。


お時間を取ってくださいましたことを心より感謝申し上げます。


今日も素敵な一日に。


永野 拝

15 views

© 2017-2020 NACK & Co.  All Rights Reserved