• Yutaka NAGANO

【335】寄り添うマインドあってこそ

おはようございます。


「素敵な商品、橋渡しします!」


NACKコンサルト代表の永野と申します。


いつもご来訪いただきまして、

誠に、ありがとうございます。


* * * * * * * *


2月半ばにさかのぼる

お話です。


このホームページをご覧になられた

東南アジアにある国の、

とあるお客様から

化粧品を作りたいとの

お問い合わせがありました。














(筆者近影 たぶんどこかネジが外れた感あり笑)

(顔晴りますよ!!)


その内容は

日本製か韓国製の化粧品を

インターネットを活用して

自社ブランドで販売したいというものでした。


これはまた素敵な商談の

お話だと思い、

詳細をいろいろと

お伺いしました。


















そうしたところ、

予算が少しけた違いに

小さい金額だったのです。


ん~と筆者は

悩んでしまいました(苦笑)。


どうしたものか、

日本か韓国で作って

それを東南アジアに送って、

それからさらにEC(ネット経由での販売)をすると

いうことになれば、

それだけで

往復の輸送費がバカにならないなぁ・・・というものでした。


しかも作りたい数量も

通常よりけた違い

少ないのですね。


お手伝いをしてあげたいという

サービス精神は旺盛(笑)だし、

自らの経験値を上げる意味でも、

可能な限り代替案を出すという方策に出ました。


もともとそのお客様は

1か月かそこらでの販売を希望して

おられたので、

それはどう考えても無理ですよ、

自社ブランドでなくて

ありもの(既に販売されているデザインとして)としての

販売ならいくらか期間短縮はできますけどねと

ご案内して、

それは納得していただきました。


ここに固執されると、

あっという間に破談になりますからね(笑)。

そのうえで

容器のデザインは

自分でこれから考えると仰る・・・。


そうかぁ、

「売りたい」という気持ちだけが

先行しすぎているなぁと

いう感覚でした。


生産国を変えて

輸送費を下げてみる、


もう少し予算的に

単価を高めに考える、


また既存のデザインから

大きく変えない形にして

容器代のコストを極力なくすなど、

いろいろと提案してみました。


またこういった場合、

自らが間に入りますと

それだけでコストがあっという間に

予算オーバーになる場合も

ありますから、


一旦商談から筆者が外れて、

メーカを紹介するから

直接コンタクトをとってみたらと

いう提案もしてみました。


お客様も

予算が少ないのは

ある程度分かっておられたようで、


なんとお客様からメールで

「収益は出世払いでよいか?」などと

聞いてきましたから(苦笑)

「それでいい」と

回答してあげました。

(仮に商談が成立しても「出世払い」には

全く筆者は期待していませんので、むしろ

突如「収益」が入ってくれば素敵ではないですか)


何もかも初めての

お客様にとってみれば、

どういうコストがかかるのか、

どれくらいの期間がかかるのかと

いう問題は、

皆目見当がつきません。


ひとつひとつ

説明して差し上げたところ、

最終的には

「もう少し予算額が大きくなったら連絡するから、

その時は日本製で是非お願いしたい」と

言って

その後連絡は来なくなりました。


もちろん筆者も

全く儲けがなければ

話になりません。

ダブルワークをしているとはいえ、

最終的には本業で

しっかり地盤を構築しなければ

なりませんから、


ボランティアをするわけには

なかなかいかないのが

実際なのですが、


それでも

少しでもお客様に

将来また

戻ってきてくだされば

ありがたいという想いのみです。

お時間を使って問い合わせをしていただき、

何か少しでも

お客様の想いに

寄り添うマインドは

今でも、

将来この事業が大きくなっても

決して変わらないでしょうし、

変えたくもありません。


お客様が別の会社で作ると

なった場合は

それはそれで

やむを得ないお話ですから

お客様のその先の事業の

繁栄を祈念するばかりです。


こういったお問い合わせは

決して少なくありません。

すぐに進められる案件もあれば、

なかなかこれは険しいという案件も

もちろんございます。


ただここで事務的に

「できません」で終わってしまうのは

筆者的には好みません。

お問い合わせをしてこられるというのは、

何らか意味があっての

ことですから、


決してのっけから

お断りすることなく、

寄り添っていくマインドを

大切にしながら

事業を進めたく思っております。


「日々1%の改善を」

「日々1%の成長を」


本日もお読みいただき、

誠に有難うございます。


お時間を取ってくださいましたことを

心より感謝申し上げます。


今日も素敵な一日に。

永野 拝


「豊かな美と健康のために」

49 views

© 2017-2020 NACK & Co.  All Rights Reserved